われわれは奉仕する

 ライオンズクラブ国際協会は1917年アメリカ合衆国シカゴ市で誕生しました。創立者メルビン・ジョーンズは当時シカゴ市において保険代理店を経営し、ある実業団体の会員として市の有力者たちと交際しているうちに、こうした集まりが単なる商売上あるいは社交上の集まりにとどまらず、社会のためになにか有益な団体となり得ないだろうかという夢をいだきはじめました。

 そこでメルビン・ジョーンズは合衆国内の各種団体に呼びかけて、各地の指導者的立場にある人々による社会福祉団体の結成をもくろんだのです。
 かくして191767日シカゴ市のホテル・ラールのイースト・ルームで、合衆国の各地から集まった約20名の代表者が最初の会合を行い、そしてその年の108日から10日までの3日間、22クラブの代表者36名がダラス市アンドルフスホテルに集まって第1回の大会を開催し、ここに正式 に「ライオンズクラブ協会」の名称を採用したのです。

 1920312日、カナダ オンタリオのウインザー市にアメリカ合衆国外の第1番目のクラブが結成され、協会の名称も「国際協会」となりました。いらいメルビン・ジョーンズが協会とともに歩んだ半世紀の間に協会の目標と綱領に対する共鳴者は全世界に広がり、現在では世界155か国に130万を超える会員を擁する、世界最大の国際的社会奉仕団体となっています。
 我が国のライオンズクラブは19523月にはじめて東京に生まれ以来わずかの年月に多数の会員を獲得し、今やクラブ数2,787、会員数148,259名を擁する世界第2位のライオンズ国となっています。

創立者メルビン・ジョーンズ

ライオンズクラブの歴史

 ライオンズの使命は奉仕であり、奉仕こそ我々の生命であります。
創設者メルビン・ジョーンズ氏も“同胞愛はお互いに信頼して尊敬しながら生活し、協同し、食をわかち合う処に存在する”と明言しています。
 これが奉仕の原点であります。即ちライオンズの奉仕は、国の福祉、国際親善、世界平和及び人類の社会的、文化的進歩に与える影響は非常に大きく、世界でもこれを広く認められています。

 ライオンズクラブの奉仕は個人が日常人間関係を通じて行う奉仕ではなく、チームワークを発揮し、メンバーの知恵と能力を終結して皆の合意に基づいて行われるものです。これらの奉仕の資金は本来は適当な事業などを行って得た収益を以ってこれに充当するのですが、現在多くのクラブはメンバーの自発的な拠出金を主体に行っています。
 然しながら単なる寄付団体ではありません。外部より援助を求められたから直ちに応ずると言うような主体性のない奉仕ではなく、地域社会で真に要求されていることを自分たちの目と耳と足で探し確かめ、自主的にクラブ単位で行わなければなりません。
 小さな奉仕が又別の奉仕を生み、大きな輪となり拡がって行くことが奉仕の根本理念であります。

奉仕活動について